小さめ美術館の森

小林清美 個展|針金作品展

展示概要

2018年3月にArt Space RONDO(中央区銀座)で開催された、小林清美(コバヤシキヨミ)氏の個展「針金作品展」です。

小林氏はArt Space RONDOのスタッフでもあり、同ギャラリーで開催されているワイヤーアートのワークショップの講師なども務めています。

小林氏は年に1~2度ほど、同ギャラリーで個展を開催しており、今年1月にも「針金作品展」を行いました。独自にライトアップされた室内で、針金という特性を活かした光と影の演出がなされます。

展示作品

▲壁際から入口の方を眺める猫。真鍮製の針金で作られた目が、闇夜にきらめくような輝きを放っています。黒い針金は、ホームセンターなどで取り扱っている工業用のワイヤーが使われています。

針金にも様々な種類があるそうで、作品や部位によって太さなどを使い分けているそうです。

▲扉を開けてすぐに目につく看板。後ろから照明が当たることにより、壁に影が映り文字が読めるようになっています。 一筆書きの要領で造形された文字。静かな夜に人知れず闊歩する、猫の楽しげな雰囲気が伝わってくるようです。

▲今にも動き出しそうな活き活きとした表情は、空洞であるということを忘れさせるようです。会場のあちこちに見られる、うっとりと心を奪うような光と影の演出。針金という素材ならではの表現です。

▲ 制作において猫の型などは用いず、足元から組み上げるように作っています。切れ目がないように見えますが、カットした何本ものワイヤーが繋がって造形されています。

針金は巻かれた状態で売られています。そのため巻きぐせを利用したり、伸ばしたりしながら特性を生かして作っているそうです。

▲会場の一角にはレトロな照明が置かれていました。購入した当初、照明には笠がなく自分でつくろうと思ったそうです。その時に影の美しさに気づき、針金作品をつくるきっかけになりました。

▲金属で成形された、親指ほどの小さな猫。手のひらに乗せると、大きさに反してずっしりと重みを感じます。

▲製作途中の作品です。ワイヤーが少なく隙間が大きいですが、あちこちを駆け回る猫のちょっとした仕草が自然に表現されています。小林氏は猫を飼っており、普段から彼らに注いでいる愛情が伝わってくるようです。

▲ 前回の個展のテーマとなった、物語写真集です。母猫、姉猫、子猫が月夜に冒険に出る物語です。

針金という固く冷たい印象のある素材。しかし会場の作品はどれも、ふさふさとした毛並みや体温さえ感じさせるようで、線を編んで作られたということを忘れさせるようでした。

夜に人知れず行われている猫の集会に足を踏み入れてしまった。光の演出からそんな想像を巡らさずにはいられない、素敵な別世界に連れて行かれるような印象深い展示でした。

展示情報

展示名:針金作品展
作家:小林清美(コバヤシキヨミ)
期間:2018年3月22日(木)~3月31日(土)13:00~18:30(最終日 17時まで)
休み:25日(日)、26日(月)、28日(水)

展示場所:Art Space RONDO
所在地:東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル5F501

error: